So-net無料ブログ作成
検索選択
ハセガワ ブログトップ
前の10件 | -

ガラヤカ [ハセガワ]

DSCN1258.JPG
昨日発売日で今日手に入れられたのはラッキー(ベイフォート)でした
勢いで組んでみましたが相変わらずの良キットです
腕がなまってるなぁ・・・

YF-19 エクスカリバー 完成 [ハセガワ]

DSCN1155.JPG DSCN1156.JPG DSCN1157.JPG
下面の写真を撮り忘れました

こうすれば良かったとか色々と思うところはあるのですが
満足度が高くて、これぞプラモデルといった良キットです
ノリでグイグイ作るのも楽しいのですが、息を止めながら
繊細な作業をするのも久しぶりで、面白かったです

こうなると21も隣に欲しいですね

YF-19 エクスカリバー その3 [ハセガワ]

DSCN1154.JPG
航空機モデルには基本的にパイロットは付属しませんが
VF-1での要望が高かったのかYF-19には副座用に2つ付属します
プラスの大気圏突入シーン再現も考えたのですが
副座のフィギュアはヤンの形状じゃありませんし(イサム型×2)
エンジンナセル側面(バトロイド時の脛の横)にウエポンパックを付ける気にも
ならないので、飛行機雲で龍鳥を描いた時の仕様としています
ガンポッドも作ったのですが、付いていない方が飛行機としてカッコ良いです
コクピットのシートは劇中では赤く背もたれが描かれてますが
??って事でグレーとしました

発売当時、航空機のスケールモデルを得意としていたハセガワが
バルキリーのファイター形態を航空機として出したのは驚愕でしたが
こういう切っ掛けが無ければ私も、この面白さを体感出来なかった訳で
冒険し尚且つ成功したハセガワの企業精神にも感服いたします

YF-19 エクスカリバー その2 [ハセガワ]

DSCN1152.JPG
尾翼とキャノピーが付くと随分と19っぽくなりました

キャノピー後ろの黒い部分もデカールが付いていますが
凹凸が激しいので塗装としています
尾翼も塗り分けた方が綺麗そうなので塗り分けです

昨日あたりから怪しいとは思っていたのですが
購入してから7年近く経っているので
デカールを張ろうとすると粉々になってしまいました

足関係の塗装もまだですので部品注文の間に
細かい部分の塗装をしておこうと思います

YF-19 エクスカリバー [ハセガワ]

DSCN1151.JPG
塗って 組んで マスキングして 継ぎ目消して 又塗って
ってな感じですし、サフも吹けないので洗って乾燥させたら
素手で触るのもよろしくありません

全体の塗装が済んだので主翼の黒いデカールを張ろうとしたら
一部が欠けてしまいマスキングして塗装に切り替えました

兎角、神経を使うのが飛行機モデルですが流石のハセガワ製
文句の無い流麗さとカッコ良さです

製作途中ながら、もう一つ作りたくなるのも良いキットの特徴です
21も横に並べたいしバトロイドも出して欲しいなぁ

ルナポーン 多分最終 [ハセガワ]

DSCN1143.JPG
ルナポーンなのにカテゴリーがハセガワ?
なんですがトライツール ミラー フィニッシュが今回の主役です

以前モデグラのコンテストで銀の焼き物をキャノピーに
使用した作例があったのですが、とても宇宙っぽくって
良い感じだったんですね 紫外線放射線・高温・低温から
人体を守るには、NASAの宇宙服みたいな鏡面がリアルだと思う訳です

中の人が見えなくなりましたが陸AFSの余ったやつに張ったので
気分で変えたいと思います。スナップフィットの恩恵ですね

TF-14 B/C フェイ・イェン with ブルー・ハート/パニック・ハート 完成 [ハセガワ]

相変わらず写真がナニなんですが完成しました
ビビッドハートの製作と比べて満足度は高いのですが
こんなに手間のかかるキットだっけ?って感じです
可動を増やしたりオリジナルカラーにも惹かれますが
ワタシの根性では・・・、まだまだです


TF-14 B/C フェイ・イェン with ブルー・ハート/パニック・ハート [ハセガワ]


写真がとても良くないのですが青フェイの塗装がボチボチと
進んできました 前回のパニックハートの教訓を活かすよう
塗装をやや厚く吹きスミ入れもラッカーとエナメルを併用しようと
思ってます ハセガワのバーチャロン次回作が何になるかは
分かりませんが、これに関しては限定にしなくて良かったのでは?
なんて思いますね


TF-14 A フェイ・イェン with ビビッド・ハート  完成 [ハセガワ]


思ったより早く完成しました。マスキングとデカールのダブル地獄でしたが
これが無いとハセガワ製品を作った気になりませんし、やはり楽しかったです。

女性型機体なので好みが分かれそうですが非常に繊細でテムジンとも
違う面白さがありました。クセが分かったトコロでもう一つ作りたいと思います


TF-14 A フェイ・イェン with ビビッド・ハート [ハセガワ]


出荷日の翌々々日に川崎ヨドバシカメラで入手しました

とりあえずの仮組みですが、なんらストレス無く、スムーズで
ここまでは、ガンプラHG位の作業量で組む事が出来ました
なにやら脅迫めいた「デカールの張り方」なんて親切な物も
ついていますがデカール無しや簡単フィニッシュなんて方向も
アリにしているトコロにハセガワの企業努力を感じます
 
しかし、あまりの小ささに「これで500円差?」なんて思うのは
セコイんですかね

 


前の10件 | - ハセガワ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。